QLOOKアクセス解析
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05.14
Wed
前記事 

ぴろりんと永遠の別れ

ぴろりんとの出会い

ぴろりんの日常

ビビリーオウム

悲しい過去

ぴろりんの病気

突然の別れ
    



臆病なぴろりんを、たったひとりで旅出たせてしまった事・・・


さみしかっただろう・・・・・と


今でも思い出すと申し訳ない気持ちでいっぱいになります。



そんな後悔もあってか


ピロりんが息絶えてもその現実を認めることができませんでした。




どうしてもケージを片づける事が出来ず

一ヶ月間毎日ご飯とお水を取り替え

寝るときはお休みカバーをしていました。



でもそこに、家主はいません。



ケージの隙間に挟んだミカンがなくなっていたら

あーピロりんが食べに来たんだぁ。。。と、一瞬うれしくなりましたが

当然のごとく、ミカンはケージの床に落ちていました。





なかなかケージを片づけられず、不安定な精神状態が続きました。



でも空っぽのケージをいつまでも置いておくことは

不自然だという事も頭の中では理解していました。





そこで、いつも父の命日に来てもらっているお坊さんに電話して

お葬式をしてもらうことにしました。




一か月経ってしまったけれど、これで気持ちの整理をしておくりだそうと・・



これで本当にけじめをつけよう・・・



そして



ケージを片づけよう!と心にきめました。



お坊さんを見た瞬間から涙が出てきて

お葬式の間中も写真を見ながら涙がとまりませんでしたが

きちんと送るのも飼い主の務めだと思い


自分の中でけじめをつけなければ、ぴろりんもきっと困る・・と・・・




私だけの、たったひとりのお葬式でしたが

お経を唱えてもらい、ご焼香をしました。


DSC01966-1.gif




そして戒名をつけました。



一度もかじる事もなく温厚で優しい性格だったので

”優” という字と元々の名前、”白” という二文字をとって

優白 (ゆうはく) とつけました。

DSC01967.gif


そしてぴろりんに、いっぱいいっぱいお礼を言いました。



お坊さんがいうには、うちのご先祖様の戒名の紙に書いてもらえれば、

毎月いっしょにお経をあげますよ。と言ってくれました。

命に人間も動物もありません・・と。







そしてケージを片づけました。




ケージを片づけると、その場所はとってもひろく感じました。



ピロリンが他界して、

そして、その事実を受け止めて気付いた事がありました。




これまで、私がピロリンを見ていたと思っていたのですが

ピロリンが私を見てくれていたのだと思いました。


居間でなにげにぴろりんを見ると、ぴろりんも私を見てくれていました。

台所からふり返ると、いつもピロリンがこっちを見ていました。




いつもいつも、私を見ていてくれていたのだと。




見守ってくれていたのだと・・・・・





ブログタイトル 「オウムとヨウム」

オウムのぴろりんと、ヨウムのヨータン。


img_122131_8448331_0[1]-ppp-qqq


このブログは、ぴろりんだけでもヨータンだけでも

やっていなかったと思います。


ツートップの片方が欠けてしまった今

当ブログは、この記事をもちまして閉鎖させて頂こうと思います。




(閉鎖といっても削除はいたしません。

過去の記事でもお役に立つ事があればうれしいです)




これまで当ブログに遊びに来て下さった方。

コメントを下さった方。

アドバイスを下さった方。

応援のポチをして下さった方。


本当にありがとうございます。


そしてたくさんお勉強させて頂きました事、心より感謝いたします。






それと主役の片割れ、ヨータンは元気です。

うるさいぐらい、おしゃべりに情熱を燃やしています。


ヨータンのご飯を用意していると、「ヨータンごはんだよぉ!」 と

お水を変えようとしたら、「お水貸してぇ!」

夕方になると必ず、「カーテン閉めるよぉ」 と

カーテンを閉めるまで言い続けます。

鍵とバッグを持って居間のドアーを開ける時は必ず

「行ってくるからねぇ!」と言い、

家に帰ってきた時は「帰ってきたよぉ!」 と


いつも私がヨータンに言っている言葉をそのまんまコピーして

私より先に得意げに言ってます。

私が先に言うといじけます。


ヨータンの好物のグリンピースが欲しい時は

「こんこん」 と言って催促します。

食べたあとは、「おいしいねぇ!」

としみじみ言ってます。


まるで小さい子供のようです。

ヨータンもまた、私を見てくれています。

DSC02278-333.gif


ただぴろりんがいない事を不思議に思っています。

さみしがっています。

ピロコちゃ~ん、ピロコちゃ~ん、と

ケージのあった方を見ながらよく呼んでいます。









今回、記事を書きながらいろいろな事を思い出し

毎回大泣きをしながら・・・ブログを書きました。


泣きながら記事を書いては、いったんやめて違う事をし

また少し書いては涙があふれて一旦休み・・・を繰り返し


精神的に不安定にもなって、途中でくじけそうになり

更新を断念しようかと思う事も何度もありました。



でもぴろりんを弔うために・・・



ぴろりんとの思い出をいつまでも大切にしたい・・・と思い

過去と向き合いました。




そして皆様にご報告する事によって、現実をしっかり受け止め

前を向いていけるのでは?と思い

たとえ時間がかかっても最後まで記事を書こうと思いました。



ぴろりんと突然別れる事になってしまい

何もやる気の起きなかった半年前を思えば

記事を書けるようになるまで立ち直ってきました。



それに住む世界は違えど、ぴろりんと私はいつも一緒です。







インドネシアで暮らしていたなら、もっと長生きをしたのだろうと思いました。




家族やお友達と楽しく暮らせたのだろうと思いました。




優しい、いいーお母さんになっていたのだろうと思いました。


卵が産まれると、片時も離れず大事そうに温めて

卵にキスをしていた姿を見る度に・・・そう思っていました。






鳥の中では大型鳥というカテゴリに称されていますが

人間からみると足元程度の小さい鳥です。



小さな体で・・・



運命に翻弄され・・・



見知らぬ土地・見知らぬ場所・見知らぬ人の中

恐怖や不安と闘いながら

一生懸命生きてきたぴろりんの気持ちを思い・・・・・




時に怯え・・・・時に強い意志をみせながら・・・・

頑張った生きてきたオウムがいた事を

一人でも多くの方に知って頂きたく

拙い文章ですが、記事にさせていただきました。






私がぴろりんと暮らせたのは、わずか10年でした。

短い期間でしたが、たくさんの愛と思い出をくれました。



ぴろりんが、うちの子になってくれて本当によかった。



ぴろりんと出合い、一緒に暮らせた事をとても幸せに思っています。


感謝の気もちでいっぱいです。


本当にやさしくて・・・

かわいいかわいい天使でした。




臆病な性格だったので、アウトドアーで遊ぶこともありませんでした。

アクティブな性格ではないので、普段家の中でも

もぐってるとき以外は、のーんびりくつろいでいる事が多かったです。


おしゃべりも芸も何もしません。

外では震え、家ではワガママ。完璧な内弁慶です。


でもそんなぴろりんがたまらなくかわいかったです。


私にとって、最高のオウムでした。






壁や鴨居を齧られて、おいおい・・って思った事もありましたが

唯一、ぴろりんがうちで暮らしてくれた事の証です。

今となっては、その傷さえも愛おしく感じます。









 


優白 (ゆうはく)


俗名  ぴろりんこと、白 


タイハクオウム





2013年 11月 8日   昇天




この場をお借りして、ご報告申し上げます。 







ぴろりんが、天の国でふるさとの家族と再会し

震えることなく穏やかに過ごしていけるよう

お祈りしていただけたら、幸いです。
 ↓     ↓
にほんブログ村 鳥ブログへ
  ↑     ↑ 
頑張ったぴろりんにワンクリックをどうぞよろしくお願いいたします。




天まで届け!











  
 DSC02300-f.gif
 
オウムとヨウム  

                                キャサリン・ビアベリー

comment 5
コメント
sさん、こんにちは。

お久しぶりです。
その節は大変お世話になりました。

やさしいお言葉ありがとうございます。

Sさんの子たちと仲良く遊んでもらってると思います
やさしいsさんの子ですから、
ぴろりんの事気にかけてくれてると思います。

sさんももうすぐ熱い夏ですので、
健康にお気をつけて下さい。

コメントありがとうございます。
キャサリン・ビアベリー | 2014.05.14 14:53 | 編集
よ・・・さん、はじめまして。

非公開コメントですので、ハンドル名を省略して申し訳ありません。

いつもブログを見て下さって本当にありがとうございます。

よ さんも悲しい経験をされていたのですね。

私もぴろりんが元気な時は、
今のこの気持ちを考えた事もありませんでした。
一日を泣いて過ごすなんて思ってもいませんでした。

でも、よ さんのおっしゃる通り、飼い主としては、
先に見送る事が出来て良かったのだと、今は思っています。

私はツイッターはやっておりますが、
フェイスブックはやっておりませんので
拝見する事はできませんが、

もし間違っていなければ
ユーチューブは楽しく拝見させて頂きました。
もし違う方だったら申し訳ありません。


この度のぴろりんの記事で涙して頂き、
飼い主としては本当にうれしい気持ちでいっぱいです。
ぴろりんも、あちらの世界で心強く過ごせると思います。。

私も両親を亡くしておりますので、
お気持ちお察しいたします。

この度は、あたたかい優しいお言葉
本当にありがとうございます。



キャサリン・ビアベリー | 2014.05.14 23:55 | 編集
○○○○さん

温かいお言葉ありがとうございます。

返信は不要との事でしたが、
ぴろりんの供養になりますし
しっかり現実を受け止めるためにも
お返事させて頂きました。

時間が経っても心の整理は難しい事なのですね。


でも、思い出はいつまでも心の中にあるので、
大切にしたいと思います。

コメントありがとうございます。
キャサリン・ビアベリー | 2014.05.16 17:52 | 編集
大丈夫!
その想いは届いていると思います。
なによりも、キャサリンさんが元気でいることが供養になり、
ぴろりんちゃんも祈っていることでしょう。
もう一度、大丈夫!笑顔になってくださいね。
tak24 | 2014.05.16 23:28 | 編集
tak24さん、こんにちは。

ありがとうございます。
元気な姿をいっぱい見せたいです。
見てくれてると信じています。

takさんには年末もご心配してメール下さり
本当にうれしかったです。

ブログにもお邪魔させて頂きます。
コメントありがとうございます。
キャサリン・ビアベリー | 2014.05.17 14:01 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。