QLOOKアクセス解析
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04.13
Sun
前記事 

ぴろりんと永遠の別れ





ペットを飼いたいと思い、いろいろ調べていました。



ワンチャン、猫ちゃん・・・いろいろ悩みました。

ペットショップに通ったり、ネットで検索をしていました。

すると大型鳥は30年~50年くらい長生きすることを知り

ペットショップに相談に行きました。



大型鳥はなかなかいないよぉ。。と言われました。

でもゆっくり時間をかけて気長に待ちました。

鳥ちゃんが入荷するたびに電話を下さり見に行きました。


オウムかヨウムがいいなと思っていたのですが

田舎ゆえ、なかなかそんな話はありませんでした。


ある日、タイハクオウムがくるよと電話がありました。


飼われていた鳥なのだけれど、飼い主さんが仕事が忙しく

あまりかまってあげられなくなったらしいよ、という事でした。


急いで見に行きました。



か・か・かわいぃ~~~~~~~!!!!


一瞬で虜になりました。





でもよく見ると


体は黒く汚れていて、ブルブル震えていて、

ちょっと心配にもなりました。

そばによると反対側のケージの網にしがみついて、寄ってこようとはしません。

止まり木にはおりてくれませんでした。


どうしよう??


お迎えしたい!という気持ちが強い半面

不安もいっぱいありました。




そしてそれからタイハクオウムについて &

自分の住んでいる町の環境(病院、預かってくれる所)

などなど・・いろいろ調べました。



今でこそたくさんの鳥ブログがありますが、

当時はブログよりホームページが主流で、

白色系のサイトは本当に少なかったです。

ここ4~5年で急激にブログ数も増えましたが、

その頃は、鳥全体でもブログは少なく

ましてや大型鳥の情報収集は本当に大変でした。


飼うかどうかもわからないのに、

ちょっとでも白色オウム、タイハクオウム、バタンと書いている

本やビデオは買いあさりました。



長生きする

だっこ大好き

人間大好き

朝夕、絶叫する などなど

色々わかってきました。




お迎えするかどうかも決めていないというのに、


勝手に白(しろ)ちゃんと命名して (見たまんま)

いっしょに暮らすイメージをふくらませていました。



初めての出会いから一ヶ月間、10回以上通いました。

でも何度行っても、ケージにしがみつき

ナデナデどころか、そばにも来ませんでした。



悩みながらも、お迎え気分満々で

ケージはどこに置こうかとか、名前はどうしようとか、

頭の中は、仮名・しろちゃんでいっぱいでした。



そうして悩んだ末、お迎えする決心をしました。




大型鳥初心者の私は、日記をつけました。


DSC02037-p.gif

DSC02038-o.gif
日記にも最初は白ちゃんと書かれています。





今になって読み返しても、急いで書いているので

殴り書き状態で書いた本人も読めないくらいです。



何が好きなのか?とかくせ?とか何もわからいなので、

何日か暮らしてから、名前を決めようと

最初はしろちゃんと呼んでいました。


でもまんまるお目目で見つめられると、しろちゃんと呼ばず、

なぜか、ぴろこちゃーん!とか、ぴろりーん!と呼んでいる自分がいました。





早く名前を決めなければ・・!!と思いながらもまだ性格もよくわからず

候補はいろいろあるものの、決めかねているうちに

いつのまにか、ぴろりんが呼び名になってしまいました。





案の定来た当初は震えてばかりで、コミュニケーションもまったくなく

お水とご飯、新聞を変えるだけでした。



なにせ、これまでの事を何も知らないので、

毎日、食べた物、睡眠時間、放鳥時の様子等を記録しました。



ヨータンが来るまでは当然ブログもHPもやっていないので、アナログ作業です。




今読み返してみると、不安な気持ちがいろいろ綴られていました。




抱っこさせてもらえるどころか、かなりの期間震えっぱなしで

予感は悪い方に当たってしまい、不安な日々が続きました。



続く。


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。