QLOOKアクセス解析
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04.19
Sat
前記事 

ぴろりんと永遠の別れ

ぴろりんとの出会い








来る日も来る日も、冠がたち震えてばかりで

正直お迎えした事を後悔もしました。



時間がかかる事は覚悟していましたし

長いスパンでみようと思ってはいたものの

あまりの怯えぶりに、本当に懐いてくれるのだろうか?・・・と

ぴろりんを見ながら・・・そして日記を見ながら

いつも思っていました。




お迎えする前タイハクオウムの事をいろいろ調べていた時に

繊細とか臆病・・・という単語をよく見ていたので

よけいに不安が募りました。


見た目はかわいいのに、なかなか手強い奴だなぁ・・・・と

先行きに不安を感じていました。



でもぴろりんだって、突然知らない所に連れて来られたのだから

恐怖や不安でいっぱいなんだろうなぁ?と思い・・・・


あせるな!! あせってはダメだ!! と、自分に言い聞かせました。






それでも少しずつ震える事も少なくなり

冠がたつ事もなくなっては来ましたが


まだ手にも止まらなかった頃、


カーテンで遊んでいるうちによじ登ってしまい、

カーテンレールまで登りつめてしまいました。
名称未設定-2

クリップしていなくても飛ぶのが苦手なぴろりんは降りられず、

いくら椅子に登って手を差し伸べても

止まり木を持っていっても止まる事はなく、

お腹がすいただろーと、ご飯も届けたのに食べてくれません。



「まだあんたの事、信用してなんかないんだよ」と言わんばかり。


そう簡単に人なんて信用しないよ!頼んないよ!!・・という

恐るべし、強い信念を感じました。



そういう事が2回あり、頑固な性格に驚かされました。


今日記を読み返してみて、腕に止まるまでに3か月以上かかりました。

その時の事も大興奮で書いてありました。

本当に嬉しかったです。


でも、前日腕に止まったからといって

その翌日止まるとも限りません。

一進一退という感じでした。


やがて少ーしずつですが、認めてもらえるように?なりました。




そしてぴろりんは、タイハクオウム型のモグラだったのです。


ケージの中でも放鳥時も

もぐるところがあれば、(なければ探し出してでも)潜るのが趣味になりました。

来る日も来る日も潜り続けます


ケージの中でも。

名称未設定-22


放鳥時も。

名称未設定-2222


間違い探し?
名称未設定-111

いっしょに遊びたいのに、もぐってばかりです。


パジャマに潜ろうとするぴろりん。




パジャマといえば、やりたい放題でした。

ズボンの裾に潜り込んでは、かじりたい放題。


名称未設定-tttt

パジャマの消費量は、半端なかったです。




そしてお迎え当初から、

少しずつ少しずつ・・・お互い気心がしれて、

信頼関係がうまれてきました。




続く。



にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。